オオカミ家族

国際結婚母が家族との生活をつづります。

失敗談から学ぶ国際結婚の式・披露宴準備で押さえておきたいポイント3つ

結婚式 失敗談

私は海外に住みながら、帰国時やメールをフル活用して日本でも結婚式と披露パーティーをしました。

おおむね満足したものにはなりましたが、泣きたいくらい嫌だったことも、実はあります

これからお式を挙げるあなたが失敗しないために、私の経験談をシェアしますので、参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

 

リハーサルメイクはやっておくべき!

結婚式 リハーサルメイク

 

私はレンタルドレス屋さんのオプションのヘアメイクさんをお願いしました。

帰国時は時間があまりないし、有名な美容室から派遣されるプロのヘアメイクさんなら大丈夫だろうと、リハーサルメイクはせずに1発勝負でした。

これが失敗の元、だったんですよね・・・。

腕は確かな方で、メイクもヘアアレンジもきれいにしてもらいましたが、なんというかすごく下品な女性でした。

初対面で開口一番、不倫や性風俗を連想させるような、結婚式の朝に全くふさわしくない冗談をかまされ、一気に気分が萎えました。

その場で変えてくれとも言えず、終始嫌な気分で一日を過ごすことになったんです。

美容師さんの人柄も見よう

メイクリハーサルには、メイクのやり方やテイストが合うかという他に、担当美容師さんの人間性を見るという側面もあります。

口コミサイトでは、同じ美容室ではありませんが「リハーサルで会ってみたら、とても面倒くさそうに応対されて嫌だったので、他に自分で探した」という意見もありました。

時間がない中、遠隔操作で調整やセッティングなどを行わなければならないのは大変ですが、本当に晴れの舞台を任せられる方かどうか、フィーリングをチェックするためにもリハーサルメイクはやっておくべきだと思います。

 

 

必ず自分で時間管理を!

結婚式 スケジュール

私は神社で神前式を行って、レストランに移動してウエディングパーティーを行いました。

元々の話では、一旦レンタルドレス店に戻って内掛けを脱いでから、ドレスを持って軽装でレストランへ向かう予定だったのですが、時間がないと急かされ、和装のまま人の多い場所を通ってレストランへ連れて行かれました。

一旦宿泊先の部屋に戻って、取って来たいものがあったのに、それも叶わず・・・。

神社、レンタルドレス店、宿泊ホテル、レストラン、全て近く、動線上にあったのにも関わらず、私の意見は全て無視され、ヘアメイクさんの都合で動かされて、最低な気分になりました。

 

私の場合は、式からパーティーまで通しでついている、ヘアメイクさんがスケジュール管理を行ったので、合う人でないと嫌な思いをします。

レストランに行く間、婚礼衣装はすごく目立つし見られるし、知らない内に写真とか撮られたらすごく嫌だと思って、泣きそうになりました。

通しスケジュールの最終チェック

式から披露宴まで全て同じ会場で行う場合は、プランナーさんがスケジュールを一括管理をしてくれるので、また事情は違うと思います。

でも私の場合は、レンタルドレス店の方と、帰国前にもう一度しっかり段取りを確認しておくべきでした。

 

時間管理を人任せにすると、やりたくないことをやらされることがあります。

もうこんな悲しい思いをする人を出したくありません。

これからお式をする方は、気をつけてくださいね。

 

 

お相手の希望に気を配ろう

結婚式 国際結婚

夫からクレームがついたのが、神社での結婚式の際、撮影の段取りがわからなくて、友人と一緒に撮影が楽しめなかったという点です。

私は「行けばなんとかなるだろう、向こうもウェディングには慣れているプロだろう」という感覚だったため、カメラマンさんと細かい段取りの打合せをせず、なんとなくふんわりでお式を迎えてしまいました。

結果、お式が終わってから友人と神社で記念撮影をしようと思っていた夫は、式が終わると「時間がない、時間がない」とすぐ車に乗せられて、ささやかな希望さえ叶いませんでした

日本まで来て、頑張って和服の婚礼衣装を着たのにこれでは、かわいそうですよね。

 

私は友人と写真どころじゃなかったので察してあげられなかったのですが、せっかくの和装をたくさん写真に残したかったはずです。

夫も「友人と写真を撮りたい」と声を掛けてくれたら良かったのですが、カメラマンが「親族と写真を撮りましょう」と言って控室に上がったきり、お式の時間が来てしまったので、思えばそこで時間が捻出できたはずでした。

わざわざ海外から来てくれたゲストがいますので、もっと心を配るべきだったなと思います。

 

 

大切な日に後悔しないために

国際結婚 

海外に住んでいて、日本の業者とやり取りをするのは本当に大変なことです。

結婚式当日は、色々たくさん準備してきて、それがやっと報われる日でもあります。

それが、いくつかのちょっとした選択ミスで台無しにされることもあります。

みんながお祝いしてくれる幸せな日のはずなのに、顔で笑って心で泣くなんて、ツラすぎます。

これから花嫁さんになるあなたが、後悔しない本当に最高の日を迎えるために、このアドバイスを心に留めてもらえると嬉しいです。