オオカミ家族

国際結婚母が家族との生活をつづります。

国際結婚妻おすすめ挙式・披露宴の節約ポイント3つ

国際結婚で、日本と現地で2回結婚披露宴を行った私は、できるだけ費用を抑えたいと色々工夫しました。

これから結婚を考えている方の役に立つと思いますので、私が実際に行った結婚式と披露宴の節約方法を交えながら紹介します。

 

 

持ち込みを活用しよう

節約 挙式 披露宴 国際結婚

よく見たら全部持ち込みでした

持ち込みが可能なアイテムは多いです。

自分で手がけたものには思い入れもありますから、いい思い出になります。

会場によって持ち込みできないものや、持ち込み料がかかる場合がありますので、式場を選ぶ際に確認しておくと安心です。

 

ウェディングドレス・婚礼衣装

私は神前式で利用する色打掛と紋付き袴をレンタルして、ドレスは住んでいる海外でレンタルしていきました。

夫は披露宴用にオーダースーツを購入し、海外での披露宴でも着ました。

 

和装のレンタル費用 2人で200,000円程度

ドレスのレンタル費用 1週間30,000円程度

オーダースーツ費用 50,000円程度

合計 280,000円程度

 

ドレスと和装をする場合の平均相場は48万円程度なので、20万円ほど節約できました。

和装の婚礼衣装は、白無垢の方が少しお得です。

私は夫の「同じ色で揃えたい」という謎のこだわりにより、黒の色打掛を選びました。

とても素敵だったので、結果的に満足しています。

 

ドレスレンタルの他、購入を選ぶ方も増えています。

百貨店のウェディングドレスフェアなどで素敵なものを見つける方も多いようです。

レンタルよりも格安で、素敵なドレスが購入できるネットショップ安くて可愛いウェディングドレス通販【BUYDRESS】 もあります。

試着して合わなければ、返品も可能ですよ。

 

 

 

お花

弟がブライダルフラワーの専門学校に通っていたので、ブーケ・ブートニア、高砂、テーブルフラワーなどの会場装花など、お花に関することを全てお願いしました。

一般的にテーブルフラワーは持ち込みできないそうですが、私は家族の協力ということで特別にOKをもらえました。

 

ブーケ・ブートニア・会場装花装花 合計5万円+お礼5万円

 

お花の相場はブーケ・ブートニアが4万円、会場装花が16万円、合わせて20万円ほどなので、10万円ほど節約できました。

 

 

カメラマン

式場のカメラマンは、クオリティが高く安心できますが、その分お値段も20万円程が相場と少々張ります。

持ち込みすれば、かなり節約することが可能です。

会場によっては、カメラマンの持ち込みができないところがありますので、会場見学の際に確認しましょう。

 

写真が得意な友人がいる方は、お願いしてもいいですね。

私は結婚式に高品質、低価格の出張カメラマンを お願いし、費用は12万円程度でした。

スナップ写真のみや、ムービー撮影、エンドロールの追加など、好みで組み合わせを選べるのも嬉しいですね。 

 

ペーパーアイテム

招待状・席次表などのペーパーアイテムは、持ち込みをする方が多いです。

プリンターを持っていれば、自分で印刷までできるので、費用が抑えられます

私の場合は普段日本に住んでいないので、海外から準備・発送することを考えると余計にお金がかかりそうだったことから、式場にお願いしました。

 

ネットショップの結婚式招待状・席次表などペーパーアイテムの専門店 平安堂ウェディング はサンプルを送ってくれるので、なかなか店舗に見に行く時間がない方は利用してはいかがでしょうか。

また、最近は完全無料で使える人気No1のWeb招待状などもありますので、2人のパーティーのイメージに合わせて、上手に活用しましょう。

 

 

プロフィールムービー

披露宴で流すプロフィールムービーなどは、式場に頼むと5~8万円程度が相場です。

自分で作る方も増えていますが、パソコンは苦手、忙しくて時間がない、という場合は手頃な価格でムービー制作をしてくれる業者をチェックしてみましょう。

 

【プロフィールムービー学園】格安!スマホひとつで簡単入稿!最短1日で納品も可能結婚式プロフィールムービーのナナイロウエディングなどがおすすめです。

かわいいデザインや、おしゃれなデザインのムービーなど色々種類があるので、2人の雰囲気に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

小さな結婚式で節約しよう!

挙式 節約 神前式 

神前式はおすすめです

招待客が増えるほど大きな会場が必要になります。

数百人規模の派手婚よりも、少人数の小さな結婚式は費用がかからないので、節約したいカップルにおすすめです。

お相手やお互いの家族との兼ね合いもあるでしょうが、私は親族とごく親しい友人だけを招待して、しがらみのない幸せな時間が過ごせました。

大好きな人だけに囲まれるお式は、とてもいいものですよ。

 

少人数専門&格安ウェディング式場【小さな結婚式】

 

 

挙式はチャペル以外だと割安

教会よりも、神前式人前式仏前式だと費用が抑えられる場合があります。

バージンロードなどにこだわりがない場合は、チャペル以外での挙式を検討するのもおすすめです。

私のイチオシは、神聖な空気の中で日本の文化を感じられる、神前式です。

 

 

会場使用料がポイント!

会場使用料は、式場によって数十万円から無料まで、まちまちです。

賢く選んで利用することが、節約のポイントになります。

 

私は、会場使用料無料レストランウェディングにしました。

持ち出しが手頃な会費制のウェディングプランの会費婚や、割引が受けられる式場などを選ぶと、節約ができますよ。

価格保証された賢いウェディングするなら【会費婚】 結婚式費用が最大20万円オフ 、ブライダルフェアの予約で電子マネーギフトがもらえるキャンペーン中【Hanayume(ハナユメ)】 などをチェックしてみましょう。

 

 

日程や時間によって割引になる!

挙式披露宴 節約 国際結婚

ナイトウェディングしました

日取りにこだわりがなければ、値引き交渉をしてみるのがおすすめです。

どんな日取りなら割引してもらえるか、率直にプランナーさんに聞いてみましょう。

 

仏滅や赤口

六曜で避けられがちな「仏滅」「赤口」の日取りにすると、割引が受けられることがあります。

気にしない方は、プランナーさんに聞いてみましょう。

あなたとパートナーは気にしなくても、親族で気にする人がいるかもしれないので、決定する前に家族に話をしておくと安心です。

 

 

ナイトウェディング

結婚式は昼間行われることが多いので、会場が空く夜を利用する「ナイトウェディング」安くなる場合があります。

夜は会場のお花を減らして、ライトアップで演出をすることができますから、節約できますよ。

もし遠方から訪れるゲストがいる場合は、日帰りできる時間にパーティーが終わるのか、できなければゲストは後泊可能かなどを必ず確認しましょう。

 

 

賢く節約して素敵な結婚生活を!

結婚式は一生に一度のイベントですが、結婚はその後長く続いていく生活です。

結婚式を楽しむのはもちろんのこと、その後の新婚旅行や生活を豊かにするために、上手に節約しましょう。

 

ハネムーンの日程や行き先が決まったら、旅行会社に無料見積もりをするのがおすすめです。